ベルニナ山岳会活動記録

ベルニナ山岳会の活動を綴る感動のブログ

明神岳東稜を蝶ヶ岳に変更

2020/3/20-22
鎌田、関

明神岳東稜の計画でしたが、暴風予報。
上高地も風が吹き荒れ、雪も降り続いているため、
怖くて明神岳東稜へアプローチできませんでした。
ということで、登れる可能性があり、穂高を見たことが無い?関に
槍穂高連峰を目の前にできる蝶ヶ岳が良いと思い変更。

3/20
釜トンネルから歩き出す。大正池手前から対岸の工事道路まで車が入っている。
釜トンネルや、その先の上高地トンネル?の中を車が通るのは初めて見たかも?怖い。
DSCN1096

大正池からは静かな雪の道になるが、雪が少ない。
大正池、中千丈沢、帝国ホテルなどを観光案内しながら歩く。
DSCN1098

DSCN1099

上高地は風が吹き荒れていた。
とても稜線でテントは張れないし、雪崩の危険を思うとアプローチできない。
と自分に言い訳をして、蝶ヶ岳に変更することにした。
明神から東稜へのアプローチ方面を見上げる。
宮川のコル付近までは見えた。
徳澤、横尾と進み避難小屋を使わせていただく。

3/21
3時に起きる。
暗いと道が分からないのだが、関は行く気満々みたいなので出発する。
何と既にトレースがある。
単独の若い男子と前後しながら登る。
今日は蝶ヶ岳の冬季小屋に泊まる予定とのことで荷物を背負っている。
でも、ほとんど空身の私よりも速い。
そして関はどんどん進んで見えなくなるほど。
背後の樹林越しに槍穂高が見えだして嬉しい。
DSCN1109

樹林帯を抜けると、今までの穏やかさが嘘のように風が吹き荒れている。
まともに歩くのが難しい。広い稜線をフラフラと進む。
明神は無理だったなと、自分にまた言い訳。
全く風を避けられる場所が見つからない。
DSCN1114

DSCN1117

目の前に広がる槍穂高連峰。乗鞍岳、御嶽も少しかすんでいるが迫力ある姿で浮かんでいる。
冬季小屋に入ろうかと思ったが、アイゼンを外すのが面倒なので頂上を往復し、
早々に樹林帯に逃げ込んだ。
横尾から上高地へ引き返す。
明神付近から見えた東稜へのアプローチは雪崩が落ちまくったようだった。
DSCN1125

釜トンネルを抜けるが、バスは2時間後。タクシーも今日は終了してしまっていた。
やむなく沢渡の駐車場をめざして歩き出す。
1時間ほど歩いたチェーン着脱用?の広場に荷物と関を残し、空身で車を取りに行った。
最後の最後に辛いアルバイトをこなし、何とかバスに「勝った!」と、最後の自分への言い訳。
関を迎えに戻って長い1日が終了。いや、まだ運転があった。
鎌田

八海山八ッ峰

2020/3/7-8
金川、関、工藤、鎌田

一ノ倉沢の計画だったが、状態が悪いとの情報で変更。
3/7から谷川岳の危険地域は、入山禁止となってしまいました。

3/7
朝一番のロープウェイで上がりました。
直前の降雪でトレースは無くてラッキー。
DSCN1057

DSCN1061

女人堂避難小屋から後続の2名?と単独のスキーヤーが見えました。
千本檜まで行ってビバーク。前に入った避難小屋の入り口が分からなかった。
小屋が埋まっていて、入口を掘り出せなかった。何故?山の上は雪が多いのかなぁ?
DSCN1068



3/8
歩ける明るさになって出発。まだ遠くの山も見えて天気はまずまず。
関と工藤がロープの末端を結んでツルベ。
金川、鎌田は間に入ってカラビナをかけただけのフリー状態で進む。
DSCN1072

DSCN1069

最初の岩峰を右側から巻いて、あとはほぼ稜線を進む。
これといったアンカーは無いし、ランナーも取りづらい。
時間がかかった。
DSCN1079

新開道の尾根への降り口までトレースが上がってきていて助かった。
急なルンゼで、降りていくには勇気がいる。
雪が腐ってもぐり、足をとられる。ワカンをつけて降りた。
下りきる前に暗くなりだす。
八ッ峰にかかる月明かりが幻想的だった。
鎌田


八ヶ岳東面天狗尾根2020年2月

2020/2/23-24
八ヶ岳天狗尾根に行ってきました。
メンバー:鎌田、関、横須賀山岳会のK本さん

2/23
美しの森駐車場は全く雪無し、林道もしばらくは雪がなくて心配になったほど。
DSCN1038

DSCN1040

赤岳沢にトレースがあり、しばらく行くと「上部が暴風雪で敗退」と言って下ってきたパーティ。
確かに、上部は雪雲に覆われて強風が吹いているのが分かります。
樹林帯のトレースを登っていくと、所々にテントが1張ずつで3張のテントを通過。
午後になり天候が少し回復してきました。
DSCN1041

DSCN1044

森林限界ギリギリ手前の雪面を崩して何とかテントを設営しました。

2/24
出発が遅くなり、数パーティが先行する。
まだ、時々強風が吹くが、快晴で気持ちいい冬山を満喫できた。
DSCN1049

DSCN1050

また行きましょう!
鎌田

2019年末の八ヶ岳合宿

2019/12/29-31
メンバー:鎌田、関、工藤/12/29-30赤岳鉱泉まで激励に小島、田辺

12/29快晴無風
朝、美濃戸口から歩きだす。
雪は少ないが、道はアイスバーンで春先の様相。
美濃戸へ続く林道を登れない車や、JAFを要請している車があった。
北沢の道を赤岳鉱泉へ。後から激励?に来てくれる小島さん達にテントが分かるように、
工藤が素晴らしい表札を作ってくれた。爺様には少し恥ずかしい。
DSCN0989

3人でジョウゴ沢にアイストレーニングに向かう。
F1は講習会?で満杯。
F2側壁のアイスでスクリューのセットと回収、
アックス、アイゼンの使い方を確認する。
しばらく練習してから、実践練習でF2を関がリード。
DSCN0992

明るく暖かい日差しの河原で休憩。冬の八ヶ岳とは思えないポカポカ。
荷物を置いたまま、歩いて行ける辺りまで偵察をして鉱泉に戻る。
先輩たちは、ガスの無い寒いテントで待っていてくれた。一杯のみながら。
そして、楽しい激励の時間をたっぷりと楽しんだ。

12/30ガス、雪から吹雪
下山する先輩たちを残し、3人で裏同心ルンゼへ。
F1から関リードでロープを出していく。
関のアックスの1本は、ストレートシャフトでリーシュ無し。
極めてアルパイン仕様で氷に全く効かない。ほぼシングルアックスに近い状態。
昨日の練習の成果を活かし、確実?にスクリューでランナーを取っていった。
小同心クラックに継続する予定だったが、風が強く視界もない。
DSCN0996

大同心稜を下った。
時間が早いので阿弥陀北稜なら風の影響が少ないかと思って行者小屋まで行く。
小屋前でも風が荒れている。時間的にも厳しいので鉱泉に戻った

12/31ガス、吹雪
天候回復を期待して赤岳南峰リッジへ。
ずうっとガスと強風の中を登るが、どこを登っているのか分からない。
それでも南峰リッジを登り切り、赤岳山頂に到着。
DSCN0999

結構な人数が、悪天の赤岳山頂に登っていた。

鎌田

富士山で基本トレーニング

2019/12/21-22 富士山
メンバー:金川、鎌田、関、工藤

12/21
吉田口馬返しから歩きだす。期待した雪は、佐藤小屋付近でも無かった。
まずは、一番の基本で一番重要な歩く練習。
◆ツボ足での登り、下り、トラバース、斜登降、方向転換
◆ピッケルの使い方
◆アイゼンを着けての歩行
雪トレ

地味だが、傾斜に慣れることも含め、時間をかけて繰返した。
滑落停止、耐風姿勢、スタンディングアックスビレイも基本姿勢を何度も確認する。

12/22
2組に分かれて、歩行の実践として頂上方面を目指す。
吉田口山頂の関

雪が少ない6合目
1組は、吉田大沢の雪面を八合目付近まで登り、吉田口頂上まで往復。
1組は、吉田口登山道を八合目付近まで往復した。
徐々に天候は下り坂で雪が降り出す。

基本の確認を大切にしています。
雪山シーズンを楽しみます。

鎌田

国境稜線は秋

2019/9/28 谷川岳一ノ倉沢烏帽子奥壁南稜
鎌田、関、工藤

6月に関と二人で南稜テラスまで行ったが、雨天敗退。
今回は工藤も加わり3人で向かった。天気良好。
DSCN0907

一ノ倉沢に、7〜8パーティー?。
中央稜は無し、変形チムニーと南稜フランケに各1、南稜に4?、さらに奥にも。
後ろから凄い勢いで南稜テラスに上がってきた外人ガイドパーティーが速そうなので、先行してもらう。
DSCN0910

DSCN0913

DSCN0919

天候に恵まれた。ゆっくりとルートを辿るが、最終ピッチで順番待ちになった。
終了点で休んでから、烏帽子尾根まではロープを出していく。
DSCN0920

紅葉が始まっている尾根を登り、笹薮を抜けると一ノ倉岳。
DSCN0926

避難小屋のカマボコを紹介したりして、国境稜線を戻る。
紅葉と滝雲が万太郎への稜線を飾っていて、気分がいい。
DSCN0927
DSCN0928

西黒尾根を下り、少し小雨に降られた。
明日も登ろうという気持ちになれず、そのまま帰った。
鎌田

北鎌尾根 夏の終わり

2019/9/21-22
鎌田単独

皆さんと予定が合わず、3連休だけどどうしようか?
行ったことが無い北鎌尾根を思いついて、2週連続上高地に向かった。
雨天予報&台風接近予報だが、水俣乗越まで行って、どうするか決めることにした。
小雨が降ったり止んだり。
DSCN0865

明日の午前中は何とか好天が期待できそうということで、迷わず天井沢を下る。
水が取れるところは極めて限定で、北鎌沢出合も水は取れない。
北鎌沢は右股のかなり上部まで水が取れる場所があった。雨のせい?
寝不足が辛い。ようやく北鎌沢右股をあがったコルにたどり着いて幕営。

夜中は降り続いていたが、夜明け前に雨があがった。少しだが星も見えだす。
DSCN0875

濡れた藪をこいで行く。踏み後は明瞭だった。
湯俣川は雲海の下。西岳の近くからお日様が顔を出す。嬉しい。
DSCN0880

独標が堂々と近づいてくる。鷲羽岳、三俣蓮華の小屋、白馬岳から鹿島槍ヶ岳の稜線、剱岳も見える。
誰もいない贅沢。来て良かった。
所々迷いながら独標を巻いていく。
DSCN0888

槍の穂先が近づき、小槍を登っている人も見える。頂上直下にザックがデポ?してある。気持ち悪い。
頂上にはカップルがいただけで静かだった。
DSCN0900

槍沢を下る。どこかでキャンプして帰ろうかとも思ったが、台風接近予報。
時々雨が降り出し、徳澤で本降りになった。
上高地からバスで沢渡に戻り、温泉で汗を流した。
鎌田

三つ峠

2019年9月14日〜15日
場所:三つ峠
メンバー:渡邊、平井、田辺、関、工藤、中嶋さん(お試し)、金川(記)

三連休の土日で三つ峠に行きました。
2日間ほぼ貸し切り状態で、天気の良い中、のんびりと岩登りを楽しみました。
1-P9140254
鶴ルート1ピッチ目
1-P9140258
三寸バンド
1-P9150264
中央カンテ取りつき
1-P9150267
関さんオールリード
1-P9150274
権瓶チムニーにつなげる
1-P9150280
30年ぶりの権平チムニーです
1-P9150283
三つ峠山頂はハイカーでにぎわっていました。

上の廊下

2019/8/11-14
金川、羽賀、関、鎌田

8/11扇沢-黒部ダム(羽賀合流)-奥黒部ヒュッテ-黒部川対岸BP
8/12-金作谷出合対岸台地BP
8/13-B沢出合付近BP
8/14-薬師沢小屋-太郎平小屋-折立
DSCN0784

DSCN0796

DSCN0814

スクラム渡渉と泳ぎの連続、ヘツリや懸垂下降。
素晴らしい山行になりました。
facebookもご覧下さい。

鎌田

背戸ノ沢右股

6月16日、教室の下見を兼ねて丹沢背戸ノ沢右股に行きました。
メンバー:金川、関
16日未明まで降った雨で水量多め、ヌルヌるびしょびしょでしたが楽しめました。関さんにほぼリードしてもらいました。一か所恐ろしい確保をしていて焦りましたが、リードもセカンドの確保も大分慣れてきて心強い限りです。金川記

1-P6160171
 本谷F1水量多い
1-P6160181
背戸沢F1
1-P6160185
背戸ノ沢右股F1遠景
1-P6160192
F1リードの関さん
1-P6160199
F2リードの関さん
1-P6160205
F3
1-P6160209
F4、35m大滝遠景
1-P6160212
リードの関さん
1-P6160217
F4終了点
1-P6160222
大滝抜けたあと左岸の尾根を上がり政次郎尾根を下りました。
1-P6160225
帰ってきました。暑い〜

南稜テラスで敗退

2019/6/8谷川岳一ノ倉沢南稜
鎌田、関

3月に東尾根を登った関。夏?の一ノ倉沢は初めてなので、登りたかったのですが、雨でした。
テールリッジを南稜テラスまで行って敗退。
いろんなビレー方法や、カラビナのセット、雪渓歩きなど勉強会になりました。
DSCN0664

川崎橘山想会の石井さんと久しぶりに遭遇。
雨なのに皆さん楽しそうです。
DSCN0666
DSCN0668


関は翌日トライアスロンに出場するということです。
体力抜群過ぎ!
鎌田

皇海山 2019/5/25-26

独りで皇海山に登りました。
百名山を狙っているわけではありません。
でも、百名山はさすがだなあと思っています。
静かな山に行きたい。ということで、松木沢から登ることにしました。
がっ!登山口の銅親水公園駐車場は満車で路上駐車の長い列。
DSCN0590


不思議です。林道のゲートから先は、釣り人4人に会っただけ。ニゴリ沢出合から先は、誰にも会いませんでした。
DSCN0593
DSCN0594


気持ちのいい国境平。闇の中から鹿の声が聞こえ、町の明りは全く見えない星空で静かな時間。
山頂往復して、松木沢を銅親水公園に下りました。
DSCN0597
DSCN0604
何とまた満車に路上駐車の列。人はどこにいっているのでしょう?
鎌田

剱岳小窓尾根

2019/4/27-30剱岳小窓尾根
田辺、金川、羽賀、関、鎌田で行ってきました。
DSCN0547

DSCN0560
DSCN0564
DSCN0572

誰にも会わず、小窓尾根から北方稜線に自分たちのトレースをつけられて幸せ。
DSCN0574

鎌田

三ッ峠201904

4/20-21三ッ峠
両日参加:田辺、渡邊、平井、金川、プロガイドでOBの菊地さん
4/21のみ:鎌田、関

集合写真

久しぶりの岩登りで久しぶりのリード。恐ろしや。
菊地さんがルート図を手書きしてくれて、巨人ルートを登った。
アブミを使わずに登ったのは初めてかな?
DSCN0536

中央カンテを登ってから、関のリード練習をしました。
DSCN0534

鎌田

谷川岳東尾根

2019/3/9 鎌田、金川、関
DSCN0500

谷川岳東尾根を登ってきました。
最高の天気、若者達のトレース。
元会員のM本君パーティが一ノ沢を全力ラッセル。
DSCN0502

ありがとう!
DSCN0505
DSCN0515

鎌田

中山尾根

3/3 鎌田、関
DSCN0495

八ヶ岳の中山尾根を日帰りで登ってきました。
取付き付近では、北アルプスが何か不気味な白さで見えていましたが、やがて雪と風。
DSCN0496

でも八ヶ岳にしては暖かい。
行けば登れる関!来週は谷川岳です。
DSCN0497

鎌田

足尾 松木沢アイスクライミング

投稿遅くなりましたが2月23日〜24日のアイス山行です。

2月23〜24日 足尾 松木沢 アイスクライミング
参加者:金川、関

2月23日
土日で松木沢にアイスクライミングに行ってきました。
昔はかなり奥まで車で入れた気がしたのですが、銅親水公園からの2時間近い林道歩きが大変ホキでした。また、2日間で1パーティーにしか出会わず静かでした良かったです。
23日はウメコバ沢へ、付近に雪は全くありませんでしたが、F3,F4大滝共に良く凍っており快適に登れました。1-P2220027
松木沢ジャンダルム
1-P2220036
ウメコバ沢取付き
1-P2220039
F3
1-P2220040
F3を登る関さん
1-P2220042
F4
1-P2220043
1-P2220052
1-P2220056


24日は黒沢に行きました。F1は傾斜がないものの、ベルグラ状でまともなプロテクション取れず冷や汗ものでした。
1-P2230062
F1
F2も薄氷しかついておらず恐ろしいので、左岸側から高巻きF3の取り付きに懸垂で降りました。
1-P2230068
薄氷のついたF2
1-P2230069
F3

F3は良く凍っていましたが、のっぺりした氷でふくらはぎが疲れました。関さんはガンガン登ってきて頼もしいです。1-P2230081
F3の関さんF4は登らずここから懸垂で降ります。懸垂支点の取り方、ロープの結び方、巻き方、懸垂途中での仮止めなど色々教えながら下降しました。
1-P2230095
1-P2230096

富士山

日時:2019年2月9日〜10日
参加者:金川他多数
神奈川県山岳連盟の富士山合宿に参加してきました。今回は上級指導員の検定員としての参加です。総勢36名、今年は雪が少なく5合目でもほとんど地面が露出しています。6合付近でなんとか訓練できました。夜はツエルト梱包やザック搬送法の講習、翌10日は梱包者の引き上げやザックを使った簡易シェルター作製などを行いました。

1-P2070044
全く雪のない馬返し

1-P2080057
カチカチ斜面をアイゼン無しで登下降

1-P2080074
6合目の付近でやっと雪面があった

1-P2080076
1-P2080080
夜の講習

1-P2090094
梱包搬送と1/3引き上げ

1-P2090098
1-P2090102
1-P2090105
ザックとツエルトを使ったシェルター作り

金川

ポカポカ陽気の鷹取山

日時:2月3日(日)
参加者:小島、平井、日高、渡邉、田辺、金川(記)
恒例、第1日曜日の鷹取です。
風もほとんどなく、ポカポカ陽気で最高のコンディッションでした。
皆でのんびり楽しみました。
1-P2020025
1ルートの日高さん
2-P2020027
3-P2020029
3ルート、中央稜の渡邊さん
4-P2020032
中央稜の小島さん
5-P2020039
6-P2020040
中央稜の金川

四十八滝沢アイスは今がチャンス

1月20日(日)
場所:四十八滝沢アイス
参加者:金川、関
時間:初滝取り付き8:00〜大滝9:10〜七福の滝10:30〜二股13:00〜稜線14:00〜登山口15:50

前日、金ケ窪沢で練習をしたあと三つ峠北口登山口まで車で入り
本日は四十八滝沢に入ります。
気温は高めですが、初滝からなんとか凍っています。
1-P1190062
初滝。まずまず凍っています。

大滝は抜け口の氷が頼りなげですが、岩を掴んで難なく抜けられました。
1-P1190064
大滝と関さん

いくつか小滝を超えて七福の滝は、傾斜の強い右側がシャンデリア状で悪そうだったので
傾斜の緩い左の方からぬけました。
1-P1190069
奥に見えるのが七福の滝

1-P1190073
七福の滝抜け口の関さん

この先傾斜がゆるいのでロープを外しますが、滑り台状にず〜と氷が続いておりスリップは
許されません。
1-P1190080
 滑滝を登る。

やっぱ滑ると怖いので、ロープを出して関さんのリード練習をしたりしながら進みます。
1-P1190081


結局稜線手前の二股直前まで氷床&滝が続いていました。
1-P1190089
二股直前の滝

二股から右の沢に入りすぐ左の尾根に上がって稜線を目指しました(沢をそのまま詰めた方が良かったみたい)。
なかなか稜線にたどり着けず嫌になります。1時間ほどかけてやっと三つ峠と御巣鷹山の間の登山道にでました。1-P1190090

大休息後、北口登山道を下りました。

今年は雨が余り降らず積雪もほとんどないため、露出した氷がず〜とつづいていて、とても
楽しめました。これから雪が積もるまでがベストコンデッションだと思います。

金川(記)
  • ライブドアブログ