5月の連休を利用した年寄り組の合宿として、小島、日高、田辺の3名で涸沢入りした。
5月1~2日 2日間かけて上高地から涸沢まで。
5月3日 快晴 北穂高岳東稜 田辺単独
      雪が多いので東稜に早く取付きたいと思い、北穂沢のゴルジュを左岸からまき、そのまま東稜に上がった。トレースなし。雪は腐っていてすねまでもぐった。
      ゴジラの背の手前のコルから先行パーティのトレースが出てきて、やがて追いついた。平らな場所で先行させてもらった。岩はほとんど出ていなかった。
39ゴジラの背で後ろを振り返る

      東稜のコルに下るところが少し悪かった。コルで頂上への最後の登りに備えて大休止。槍ヶ岳や前穂北尾根などの眺望を楽しんだ。北穂小屋直下の急な雪面を登り切れば登山者でにぎわう小屋前に飛び出し、そのまま雪の階段を登って北穂の頂上に立った。
      雪が多くて楽しい雪稜登りが楽しめた。写真に登ったルートを赤線で示した。
北穂東稜ルート

翌日、5月4日は全員で休養し、5月5日に全員で北穂沢から北穂登頂、この日は岳沢から鎌田たち3名の若手グループが合流。楽しい宴会。
5月6日は雨の中を上高地に下山した。