2020/3/20-22
鎌田、関

明神岳東稜の計画でしたが、暴風予報。
上高地も風が吹き荒れ、雪も降り続いているため、
怖くて明神岳東稜へアプローチできませんでした。
ということで、登れる可能性があり、穂高を見たことが無い?関に
槍穂高連峰を目の前にできる蝶ヶ岳が良いと思い変更。

3/20
釜トンネルから歩き出す。大正池手前から対岸の工事道路まで車が入っている。
釜トンネルや、その先の上高地トンネル?の中を車が通るのは初めて見たかも?怖い。
DSCN1096

大正池からは静かな雪の道になるが、雪が少ない。
大正池、中千丈沢、帝国ホテルなどを観光案内しながら歩く。
DSCN1098

DSCN1099

上高地は風が吹き荒れていた。
とても稜線でテントは張れないし、雪崩の危険を思うとアプローチできない。
と自分に言い訳をして、蝶ヶ岳に変更することにした。
明神から東稜へのアプローチ方面を見上げる。
宮川のコル付近までは見えた。
徳澤、横尾と進み避難小屋を使わせていただく。

3/21
3時に起きる。
暗いと道が分からないのだが、関は行く気満々みたいなので出発する。
何と既にトレースがある。
単独の若い男子と前後しながら登る。
今日は蝶ヶ岳の冬季小屋に泊まる予定とのことで荷物を背負っている。
でも、ほとんど空身の私よりも速い。
そして関はどんどん進んで見えなくなるほど。
背後の樹林越しに槍穂高が見えだして嬉しい。
DSCN1109

樹林帯を抜けると、今までの穏やかさが嘘のように風が吹き荒れている。
まともに歩くのが難しい。広い稜線をフラフラと進む。
明神は無理だったなと、自分にまた言い訳。
全く風を避けられる場所が見つからない。
DSCN1114

DSCN1117

目の前に広がる槍穂高連峰。乗鞍岳、御嶽も少しかすんでいるが迫力ある姿で浮かんでいる。
冬季小屋に入ろうかと思ったが、アイゼンを外すのが面倒なので頂上を往復し、
早々に樹林帯に逃げ込んだ。
横尾から上高地へ引き返す。
明神付近から見えた東稜へのアプローチは雪崩が落ちまくったようだった。
DSCN1125

釜トンネルを抜けるが、バスは2時間後。タクシーも今日は終了してしまっていた。
やむなく沢渡の駐車場をめざして歩き出す。
1時間ほど歩いたチェーン着脱用?の広場に荷物と関を残し、空身で車を取りに行った。
最後の最後に辛いアルバイトをこなし、何とかバスに「勝った!」と、最後の自分への言い訳。
関を迎えに戻って長い1日が終了。いや、まだ運転があった。
鎌田