ベルニナ山岳会活動記録

ベルニナ山岳会の活動を綴る感動のブログ

ロッククライミング

国境稜線は秋

2019/9/28 谷川岳一ノ倉沢烏帽子奥壁南稜
鎌田、関、工藤

6月に関と二人で南稜テラスまで行ったが、雨天敗退。
今回は工藤も加わり3人で向かった。天気良好。
DSCN0907

一ノ倉沢に、7〜8パーティー?。
中央稜は無し、変形チムニーと南稜フランケに各1、南稜に4?、さらに奥にも。
後ろから凄い勢いで南稜テラスに上がってきた外人ガイドパーティーが速そうなので、先行してもらう。
DSCN0910

DSCN0913

DSCN0919

天候に恵まれた。ゆっくりとルートを辿るが、最終ピッチで順番待ちになった。
終了点で休んでから、烏帽子尾根まではロープを出していく。
DSCN0920

紅葉が始まっている尾根を登り、笹薮を抜けると一ノ倉岳。
DSCN0926

避難小屋のカマボコを紹介したりして、国境稜線を戻る。
紅葉と滝雲が万太郎への稜線を飾っていて、気分がいい。
DSCN0927
DSCN0928

西黒尾根を下り、少し小雨に降られた。
明日も登ろうという気持ちになれず、そのまま帰った。
鎌田

鷹取山

2018年7月1日(日)  晴れ
メンバー : 渡辺良政 小島 勲 日高俊彦 佐藤公俊 今田賢次 金川信二 関 貴弘
       工藤麻梨(元会員)  緑山岳会 1名  横須賀山岳会 4名

山行記録はヤマレコを訪問閲覧してください
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1514727.html

親不知 3ルートを登る 関 貴弘




20180701 001320180701 001520180701 002220180701 002320180701 0032







20180701 003420180701 003520180701 003820180701 0036






今田 記

小春日和の三ッ峠

2017/11/3三ッ峠
金川、渡邊、今田、関、鎌田、小島(達磨石から裏三ッ峠へ)

三ッ峠山頂

きっと寒いだろうと思っていたら、ポッカポッカでした。
雨に祟られていた新人の関が三ッ峠デビュー。
権兵衛チムニー終了点

リーダーピッチ終了の関アップ

鎌田

100%雨ですよね

2015/11/14
広沢寺の岩場
金子、小島、田辺、金川、鎌田

雨確実にも関わらず、誰ひとり「雨だけどどうする?」の問合せなく、
何事もないように集合して喜んでいる。

当然ですが、私達以外、誰もいませんよね。
分かっています?この状況。
すいてるって喜んでいますけど、岩が濡れて光っていますよね。
PB141020


楽しいですか?
PB141008


楽しいのですか?
PB141013


楽しいみたいです。
PB141021


いかれてるのかなぁ?

PB141014


鎌田

20140920谷川岳一ノ倉沢衝立岩中央稜

メンバー:田幡、鎌田
中央稜を登って北稜を下降。
状況は分からなかったが、ヘリが南稜テラスから1名をピックアップ。
暑くもなく寒くもなく、岩が乾いた最高のコンディションでした。

P9200873
P9200875
P9200877

20140913-15屏風岩

P9130856

P9140864

P9140866


ガビとタバチャンは東稜から屏風の頭を回って遅くなったが充実した様子。
鎌田とワカチャンは、2P終了点で敗退、懸垂下降。モヤモヤした様子。
トレーニングしてから再度です。

北岳バットレス

2014/7/26-27
北岳バットレス bガリー大滝−第四尾根
鎌田、田幡、嶋田

寝不足で3人とも調子が悪い。
芦安からの道が通行止めのため、奈良田からのバスで広河原へ入ったが、
奈良田の駐車場は満杯で、車の騒音で眠れなかった。
例年より残雪が多い。2月の大雪の影響だろうか。
bガリー大滝は5m位上から取り付いた感じだった。
Cガリーは、崩壊の影響か安定していない。細かい砂が雪崩れるよう。
P7260840
第四尾根を枯木テラスまでリッジ添いに登り、奥壁にトラバース。
崩壊から残ったリッジのトラは気持が悪い。
アブミ2台で凹角から這松の終了点へ抜ける。
P7260843稜線の登山道に出ると同時に日没。残照に雲がきれいだった。
肩の小屋から小太郎分岐を過ぎて、少し下ったところでホキあがってビバーク。
広河原に下り奈良田に戻る。
奈良田の町営温泉「女帝の湯」は、良いお湯だった。
鎌田

谷川岳南稜

2014/6/28谷川岳南稜:鎌田、田幡、嶋田
P6282222
P6282227

タバちゃん、ワカちゃんと南稜を登ってきました。
二人とも初一ノ倉。
最後のフェースから雨が降り出し、烏帽子尾根が核心。
悪い西黒尾根を避けて、天神尾根から田尻尾根を下りました。
懸垂するパーティーが多いけど、上に抜けると谷川はもっと楽しい。
鎌田

甲斐駒ケ岳中央稜

7/13-14甲斐駒ケ岳赤石沢奥壁中央稜 鎌田、田幡、嶋田

P7130468
翌日11時から麓で行われる慰霊行事に参加するため、入山してそのまま登りました。
赤石沢奥壁には人影無し。
壁を抜けたのは20時近くになってしまいました。


P7130472




翌日は下山し、先輩の慰霊行事。暑かった。
下山途中の五合目で若い鷹匠と遭遇。左腕に鷹を乗せて歩いていました。
カッコよかった。
鎌田

谷川岳7/7

谷川岳一ノ倉沢南稜 2013/7/7 鎌田、長瀬

前夜の雨、湿気がすごくて快適とは言えませんが充実しました。
南稜テラス6:00スタートで終了は8:50。濡れてヌメッてホントに良く滑りました。

P7070458




最後のフェースから雨になりましたが、懸垂せずに上に抜けました。
烏帽子尾根に出るまでも出てからも気が抜けません。悪かった。
そして西黒尾根の下りも「こんなに悪かったっけ?」で、二人ともヨレヨレです。

P7070468




長瀬は、今週末に北海道に帰ってしまいます。最後に一本登れて充実できて良かった。

鎌田
  • ライブドアブログ