ベルニナ山岳会活動記録

ベルニナ山岳会の活動を綴る感動のブログ

積雪期

一ノ沢二の沢中間リッジ

3/4-5
谷川岳一ノ倉沢一ノ沢二の沢中間稜
金川、鎌田

両日とも穏やかな快晴。
Y・K山岳会の若者に先導されて大変助かりました。
若者はすごい。
P3041134

P3051138

第一岩峰基部でビバークし、国境稜線に抜けると同時にコールが聞こえました。
山頂で、小島、日高、田辺の三先輩がお出迎え。3人で合計210歳なり。
一緒に賑やかな天神平に下りました。
P3051143

老人もすごいでござる。
鎌田

金ケ窪沢アイス

2月7日(火)
小島、金川

大先輩の小島さんに誘われて、平日アイスに行ってきました。
裏三つ峠の駐車場からすぐのお手軽ゲレンデです。
貸し切り状態のアイスゲレンデを堪能しました。
DSC05791


DSC05787


DSC05790


最後に下の堰堤でも登りお腹いっぱいです。
DSC05797


金川(記)


上州武尊山

1/29
P1291087

初めての上州武尊山。
スキー場のリフトで1800以上まで上がり、
天気は最高、トレースばっちり。
P1291080
谷川岳、浅間山、燧ケ岳、越後駒ケ岳、遠くに富士山。
慣れないスノーハイキング。
もっとゆったりとすれば良かったな。
P1291089

鎌田

八ヶ岳でフカフカのラッセル

1/21-22八ヶ岳
金川、鎌田

石尊稜とか中山尾根を久しぶりに登ろう。
シンちゃんと出かけました。
P1211079

回復の予報だが、雪が降り続く。
石尊稜へのアプローチは、泳ぐようなラッセル。
雪崩も心配なので、中山尾根へ向かう。
P1221082

二日かけて風の吹き荒れる取付きまで行って敗退でした。
P1221084

鎌田

正月山行のはずが・・・

12/29-30
爺ヶ岳東尾根
鎌田、羽賀

12/29晴れ−雪
PC291073

トレースばっちりで、白沢天狗尾根に合流して2400ⅿ位まで登る。
冷池までは届きそうにないので、風を避けて雪庇の下に幕営。
しかし、風が吹いたと同時に「パキッ」テントのポールが折れてしまった。
羽賀が応急処置をしてくれました。

12/30雪−晴れ
フカフカのラッセル。
爺を越えて、鹿島槍ヶ岳まで行くつもりでしたが、
爺ヶ岳山頂から先は強風で断念。
PC301075


登りも、下りも、ラッセルも、全く羽賀についていけず愕然とする。
PC301082

翌朝、素晴らしい天気に真っ白な山々がまぶしかった。
子供が生まれたばかりの羽賀君、たまには家族と一緒に年越しして下さい。
鎌田

富士山

2016/12/17-18富士山
田辺、鎌田

田辺さんは17日に五合目まで入り、鎌田は18日日帰りで富士山に行きました。
好天でしたが、風が強くなり敗退。
PC181081


テント撤収完了の田辺さん
PC181083


甲斐駒ヶ岳や北岳、八ヶ岳、北アルプスがきれいに見えていました。
鎌田

単独で阿弥陀岳南稜

2016/3/12-13阿弥陀岳南稜
鎌田

旭小屋から尾根に上がる。
好天だが、上部は時々ガスがかかる。
160312_115742


阿弥陀岳の頂上に着くと、ちょうど北稜から?2パーティーが上がってきた。
御小屋尾根を下っていくとYK山岳会のYさん3人パーティーと遭遇。
2100M付近まで下り、1人宴会。
翌朝、雲海の向こうに中央アルプス。近くに甲斐駒ヶ岳、北岳も見えた。
160313_063428

鎌田

3/5谷川岳東尾根

3/5 谷川岳東尾根
鎌田、金川

シンちゃんと東尾根を登ってきました。
快晴、無風、トレースばっちり。
超快適な一本でした。
P3051079

雪は少ないと思いますが、問題ありません。
R登高会のK原さんパーティーとお会いしました。

東尾根、中間リッジに何パーティーか入っていましたが、
オキの耳に抜けてビックリ。稜線には大勢の登山者。
西黒尾根を下りましたが、他に下っている人は一人だけでした。
みんな天神尾根を下るのですね。
P3051083

そう言えばK原さん、第一岩峰で
「生ビール奢るから天神を下ろう」と
若いパートナーに悪魔の囁きをしていました。

鎌田

2/7谷川岳

鎌田単独

2/7(日)
西黒尾根を往復してきました。
「風が強くて降りてきた」というテント3人組のトレースは、ラクダのコル手前まで。

上部は一人ラッセルになったが、フワフワ雪ではなく、まずまず進めた。
ケルンから山頂までは、沼田山岳会の赤布で安心。
下りはホワイトアウトぎみ。
トレースも消えてしまい確信が持てずに、
コンパスを見ながらザンゲ岩、ラクダのコルへ下って安心。
ザンゲ岩から上は、赤布が必要だなぁと反省。
P2071072


ラクダのコル付近で、登ってきた3人パーティーとすれ違う。
この時間から山頂は無理では?
P2071076


雪が少なく、慰霊碑に寄れるかなぁと思ったが、やはり埋まっていた。

鎌田

冬合宿 横尾尾根から槍ヶ岳

12/27-31
メンバー:鎌田、Gabyi、羽賀


12/27釜トンネル入口−横尾
雪が少ない。予想外の好天のもと、のんびりと横尾まで歩く。
PC270999


12/28横尾−3のガリー−横尾尾根P6付近
夜明け前、前穂高岳の上に月。
PC281005

前日先行した大学生は、横尾尾根の末端から登ったようだ。
3のガリーを、K山岳会の3人と私達3人の計6人でラッセル。
P4で先行大学生パーティーに追いつく。
PC281012


12/29P6付近−天狗のコル(強風で進めず)
横尾の歯を超えて、天狗のコルから上部を目指すが、ものすごい風が吹き荒れている。
100ⅿ位進むが、あきらめて天狗のコルから少し下まで戻り幕営。
PC291023


12/30天狗のコル−主稜線−槍ヶ岳−中崎尾根−槍平
風がおさまった。とはいえ、主稜線はいつものように強風が吹いている。
槍の穂先を登り、槍平まで下るが、小屋は閉まっていて期待したビールはお預け。
PC301042


12/31槍平−新穂高温泉
朝、少しだけ雪が降ったが、最後まで好天。
天気と素晴らしい仲間に恵まれた山行でした。
PC301045

PC311049


鎌田
プロフィール
これまでの記事検索
ベルニナモバイルサイト
  • モバイルサイトを開設しました
今週の山の天気は?
山行報告QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ