ベルニナ山岳会活動記録

ベルニナ山岳会の活動を綴る感動のブログ

積雪期

剱岳早月尾根

2017/12/29-2018/1/2
冬合宿剱岳早月尾根
鎌田、羽賀、関

12/29伊折-馬場島-松尾平
馬場島に昼頃到着し、警備隊に挨拶して出発。
急登の尾根が始まる手前の松尾平まで。
羽賀、関の強者に遅れてしまう。
171230小窓尾根


12/30松尾平5:00-早月小屋15:00
所々に前日のトレースを見つけながらラッセル。
1700M手前で魚津岳友会6名パーティーが追いついて来る。
前日入山の3人パーティーが下りてきて、トレースは無し。ラッセル。
171230本峰方面


12/31早月小屋5:00-本峰13:00-2750Mでビバーク16:00
小屋前から深いラッセル。富山の夜景がきれいだ。
2400から上はアイゼンをつける。小窓尾根も本峰も見えているが風が強そう。
11時過ぎ位から天候悪化。12時頃から本格的に荒れだすが、本峰は近い。
171231本峰の祠をバックに関と羽賀

13時本峰。写真を撮って下山開始。
急な雪壁を下る手前で時間切れのためビバーク体制に入る。
窮屈な半雪洞。1時間ごとに暖かい飲み物を摂る。
警備隊にビバーク連絡無線を入れるがつながらない。

1/1ビバーク地8:00-早月小屋18:00
急な雪壁をおり2600を目指す。
ピラミッドのトラバースが雪崩そうで、稜線を行くが下降できず引き返してトラバース。
2600から、間違えて東大谷側の尾根を降りてしまい、1時間位登り返す。
慎重に方向を確認しながら小屋を目指すが暗くなりだす。
心配していると思い、無線で小屋と馬場島の警備隊に連絡するがつながらない。
深いラッセルで小屋に到着。
私たちのヘッドランプを見つけ、警備隊が心配して迎えに来てくれた。
小屋で状況を確認され、関が凍傷を負っていることが判明。
救助要請が必要な状態だと説明を受け、小屋に収容される。

1/2早月小屋-馬場島
ヘリは飛ばない。警備隊に助けられて下山となる。
深いラッセルを警備隊が怒涛のように進み、後ろからなのに着いていけない。
荷物も出すように言われ、重い物を背負ってもらった。
馬場島からの救援と松尾平手前で合流。
馬場島から雪上車で伊折に搬送され、関は救急車で富山の赤十字病院に運ばれ入院した。

今後、状況を確認していくが、多くの反省が必要な合宿になった。
鎌田

岳沢から涸沢へ

2017/5/3-6春合宿:鎌田、金川、羽賀
5/3:上高地-岳沢
河童橋を渡り静かな樹林帯から明るい雪渓のアプローチ。
岳沢はテント村になっていた。
P5031132


5/4:コブ尾根-天狗沢下降
コブ沢からマイナーピークに上がり、スノーボラードで懸垂。
快適な雪稜、雪壁、コブの岩場がアクセントになる。
P5041136

P5041147

天気に恵まれ快適なコブ尾根。
P5041151


5/5:奥穂高岳南稜-涸沢
変化があって快適な南稜を吊尾根に抜けると、すぐ先に奥穂高岳頂上。
P5051156

涸沢に降りて、北穂を登ってきた小島、日高、田辺の3先輩と合流し宴。
P5051161


5/6:涸沢-横尾-上高地
P5061164

涸沢方面を振り返ると朝焼けが少し不気味な感じ。横尾に着く頃から雨になった。
鎌田

一ノ沢二の沢中間リッジ

3/4-5
谷川岳一ノ倉沢一ノ沢二の沢中間稜
金川、鎌田

両日とも穏やかな快晴。
Y・K山岳会の若者に先導されて大変助かりました。
若者はすごい。
P3041134

P3051138

第一岩峰基部でビバークし、国境稜線に抜けると同時にコールが聞こえました。
山頂で、小島、日高、田辺の三先輩がお出迎え。3人で合計210歳なり。
一緒に賑やかな天神平に下りました。
P3051143

老人もすごいでござる。
鎌田

金ケ窪沢アイス

2月7日(火)
小島、金川

大先輩の小島さんに誘われて、平日アイスに行ってきました。
裏三つ峠の駐車場からすぐのお手軽ゲレンデです。
貸し切り状態のアイスゲレンデを堪能しました。
DSC05791


DSC05787


DSC05790


最後に下の堰堤でも登りお腹いっぱいです。
DSC05797


金川(記)


上州武尊山

1/29
P1291087

初めての上州武尊山。
スキー場のリフトで1800以上まで上がり、
天気は最高、トレースばっちり。
P1291080
谷川岳、浅間山、燧ケ岳、越後駒ケ岳、遠くに富士山。
慣れないスノーハイキング。
もっとゆったりとすれば良かったな。
P1291089

鎌田

八ヶ岳でフカフカのラッセル

1/21-22八ヶ岳
金川、鎌田

石尊稜とか中山尾根を久しぶりに登ろう。
シンちゃんと出かけました。
P1211079

回復の予報だが、雪が降り続く。
石尊稜へのアプローチは、泳ぐようなラッセル。
雪崩も心配なので、中山尾根へ向かう。
P1221082

二日かけて風の吹き荒れる取付きまで行って敗退でした。
P1221084

鎌田

正月山行のはずが・・・

12/29-30
爺ヶ岳東尾根
鎌田、羽賀

12/29晴れ−雪
PC291073

トレースばっちりで、白沢天狗尾根に合流して2400ⅿ位まで登る。
冷池までは届きそうにないので、風を避けて雪庇の下に幕営。
しかし、風が吹いたと同時に「パキッ」テントのポールが折れてしまった。
羽賀が応急処置をしてくれました。

12/30雪−晴れ
フカフカのラッセル。
爺を越えて、鹿島槍ヶ岳まで行くつもりでしたが、
爺ヶ岳山頂から先は強風で断念。
PC301075


登りも、下りも、ラッセルも、全く羽賀についていけず愕然とする。
PC301082

翌朝、素晴らしい天気に真っ白な山々がまぶしかった。
子供が生まれたばかりの羽賀君、たまには家族と一緒に年越しして下さい。
鎌田

富士山

2016/12/17-18富士山
田辺、鎌田

田辺さんは17日に五合目まで入り、鎌田は18日日帰りで富士山に行きました。
好天でしたが、風が強くなり敗退。
PC181081


テント撤収完了の田辺さん
PC181083


甲斐駒ヶ岳や北岳、八ヶ岳、北アルプスがきれいに見えていました。
鎌田

単独で阿弥陀岳南稜

2016/3/12-13阿弥陀岳南稜
鎌田

旭小屋から尾根に上がる。
好天だが、上部は時々ガスがかかる。
160312_115742


阿弥陀岳の頂上に着くと、ちょうど北稜から?2パーティーが上がってきた。
御小屋尾根を下っていくとYK山岳会のYさん3人パーティーと遭遇。
2100M付近まで下り、1人宴会。
翌朝、雲海の向こうに中央アルプス。近くに甲斐駒ヶ岳、北岳も見えた。
160313_063428

鎌田

3/5谷川岳東尾根

3/5 谷川岳東尾根
鎌田、金川

シンちゃんと東尾根を登ってきました。
快晴、無風、トレースばっちり。
超快適な一本でした。
P3051079

雪は少ないと思いますが、問題ありません。
R登高会のK原さんパーティーとお会いしました。

東尾根、中間リッジに何パーティーか入っていましたが、
オキの耳に抜けてビックリ。稜線には大勢の登山者。
西黒尾根を下りましたが、他に下っている人は一人だけでした。
みんな天神尾根を下るのですね。
P3051083

そう言えばK原さん、第一岩峰で
「生ビール奢るから天神を下ろう」と
若いパートナーに悪魔の囁きをしていました。

鎌田
  • ライブドアブログ